コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高山脈 ひだかさんみゃく

7件 の用語解説(日高山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日高山脈
ひだかさんみゃく

北海道中央南部を占める南北方向の山地。狩勝峠から襟裳岬まで約 140kmにわたり,北方の北見山地とともに北海道の背骨部を構成する。主峰幌尻岳(2052m)をはじめ,芽室岳(1754m),戸蔦別岳(1959m),ペテガリ岳(1736m),神威岳(1600m),楽古岳(1472m)など 1400~2000mの高山が連続して,東西交通の障害をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひだか‐さんみゃく【日高山脈】

北海道中南部を南北に走る山脈。狩勝(かりかち)峠辺りから襟裳(えりも)岬に至る。最高峰幌尻(ぽろしり)岳で標高2053メートルカールが発達している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日高山脈【ひだかさんみゃく】

北海道中南部,狩勝峠から襟裳(えりも)岬に至る南北約150kmの山脈で,日高・十勝地域の境界をなす。東の十勝平野とは標高約400mの山麓線で,西の夕張山地とは鵡川(むかわ)で限られ,芽室岳(1754m),幌尻岳(ぽろしりだけ),ペテガリ岳,神威(かむい)岳(1600m)などがそびえ,1500m以上に氷河地形がみられ,圏谷(カール)群がある。
→関連項目浦河[町]様似[町]沙流川清水[町]大樹[町]十勝川[温泉]日高山脈襟裳国定公園氷河遺跡広尾[町]北海道芽室[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひだかさんみゃく【日高山脈】

北海道中央部の山脈。北の狩勝(かりかち)峠(644m)から南端の襟裳(えりも)岬まで,南北約150kmにわたって連なり,北海道を東西に分け,十勝支庁日高支庁の境界をなす。東西の幅は約50kmで,南にいくほど狭く,主稜線からの山脈の幅は西の日高側で広く,東の十勝側で狭い。東側は断層崖の急斜面で,北半を流れる札内川,戸蔦別(とつたべつ)川などは谷口に広大な扇状地を形成して十勝平野で十勝川に合流し,南半を流れる川は直接海に注ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひだかさんみゃく【日高山脈】

北海道中南部にある山脈。狩勝かりかち峠から襟裳えりも岬に至る。最高峰は幌尻ぽろしり岳(海抜2052メートル)。氷食によるカールが発達。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕日高山脈(ひだかさんみゃく)


北海道中央部から南部に延びる山脈。北の狩勝(かりかち)峠から南端の襟裳(えりも)岬まで約150km。標高約1100~2000m。中生代後期の白亜紀から新生代前期の第三紀にかけて(約4000万年前まで)の日高造山運動(全地球的にはアルプス造山運動の一環)で形成された。全体に急峻(きゅうしゅん)な壮年期の山岳地形を示し、主峰の幌尻(ぽろしり)岳(標高2053m)や芽室(めむろ)岳・ペテガリ岳・神威(かむい)岳などの高山が連なる。山頂付近にはカール(圏谷(けんこく))などの氷河地形が見られる。ヒグマ・ナキウサギや多種の高山植物などが生育。とくに南部のアポイ岳(標高810m)はアポイカンバなど高山植物の宝庫。山稜の大部分は日高山脈襟裳国定公園に属する。長く道内の東西交通の障壁をなし、狩勝峠・日勝(にっしょう)峠などが道東と道央を結ぶ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日高山脈
ひだかさんみゃく

北海道の脊梁(せきりょう)山地の南部を構成する高峻(こうしゅん)な山脈。北は佐幌(さほろ)岳(1059メートル)から南は襟裳(えりも)岬に至り、延長150キロメートル余。主分水嶺(ぶんすいれい)は東に偏り、東側は十勝(とかち)平野に急傾斜し、平野と接する所には広大な高位扇状地面が展開して雄大な景観をみせる。西側は緩傾斜面で、一部階段状をなして太平洋岸の段丘に終わり、同山脈の奥深さを感じさせる。主峰幌尻(ぽろしり)岳(2052メートル)をはじめ、2000~1500メートルの山嶺が連なり、頂上付近に氷食によるカール(圏谷)をもつものが多い。とくに戸蔦別(とつたべつ)岳(1959メートル)のカールでは二段のモレーン(氷堆石(たいせき))があり、日高山脈に二度の氷期があったことを示す。中軸部には混成岩、変成岩、深成岩からなる日高変成帯が山陵に沿い、その西に白亜紀層があり日高層群とよばれる。これが隆起し変成作用を受けて形成された。
 日高山脈は北海道の東西交通の大きな障害となっているが、古くからの狩勝(かりかち)峠(644メートル)のほか、第二次世界大戦後は日勝(にっしょう)峠(1023メートル)が利用され、南の襟裳岬経由とともに3本の国道が開かれ、JRの根室(ねむろ)本線と石勝(せきしょう)線は新狩勝トンネルで結ばれる。専門家以外の登山はあまり行われないが、一部は日高山脈襟裳国定公園に指定されている。[柏村一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日高山脈の関連キーワード上川セントラル山脈富良野盆地ペニン山脈生延びる落延びる逃延びる石狩国北海道中川郡豊頃町中央新町奥尻海嶺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日高山脈の関連情報