コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕張岳 ゆうばりだけ

4件 の用語解説(夕張岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夕張岳
ゆうばりだけ

北海道中央部,夕張山地の主峰。標高 1668m。夕張山地の東部を占め,古生層から成る。頂部は残丘状の地形をなし,山頂付近には 500種以上の高山植物の群落がある。富良野芦別道立自然公園区域に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうばりだけ【夕張岳】

北海道中部に位置する夕張山地の主峰。標高1668m。中生代およびそれ以前の変成岩などからなり,山地の尾根の上に約100mほど飛び出した形をとり,鋭い三つの峰をもつ前岳と,その南の本岳とからなっている。山頂にはお花畑があり,ユウバリウツギ,ユウバリリンドウなど,この山特有の高山植物がみられる。富良野芦別道立自然公園に属し,東側からは根室本線金山より登ることができる。【奥平 忠志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夕張岳
ゆうばりだけ

北海道中央部、夕張山地中央にある主峰。標高1668メートル。夕張山地の尾根の上に固い神威古潭(かむいこたん)系の岩石が100メートル余も露出し、その特異な山容は古くから神格化されたり、航海の目標とされた。夕張市大夕張およびJR根室(ねむろ)本線金山(かなやま)駅からの登山路があるが、健脚向き。頂上付近にはユウバリソウ、ユウバリコザクラなどのお花畑がある。1996年(平成8)「夕張岳の高山植物群落及び蛇紋岩メランジュ帯」が国の天然記念物に指定された。[柏村一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夕張岳の関連情報