コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タコノキ科 タコノキかPandanaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タコノキ科
タコノキか
Pandanaceae

単子葉植物タコノキ目の高木またはつる植物。3属約 700種。旧大陸の熱帯,亜熱帯,特に太平洋,インド洋諸島に分布する。多くは海浜や沼沢地に生育し,太い木質の幹があり主幹の下部から多数の太い気根を斜めに出し,支えになっているのが特徴である。葉は帯状で細長く縦に3列に並ぶが茎がよじれる傾向がある。花は穂状の花序をつくり,下部を数枚の包葉に包まれる。雌雄花が別で雄花には多数のおしべがあり,雌花は集って花後に大きな集合果をつくる。タコノキ属 Pandanusが大部分で,他にサラランガ属 Sararanga,ツルアダン属 Freycinetiaがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のタコノキ科の言及

【アダン】より

…熱帯の海岸に広く分布する木本性タコノキ科の植物(イラスト)。アダンの名は琉球の現地名にもとづく。…

※「タコノキ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タコノキ科の関連キーワードFreycinetiaアダン(タコノキ科)タコノキ(蛸の木)ツルダコ(蔓蛸)ツルアダン単子葉植物パンダナス黄斑蛸木オカガニ植物区系姫蔓阿檀アダン蔓阿檀縞蛸木蛸の木阿檀蛸木