コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチラ州 タチラTáchira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タチラ〔州〕
タチラ
Táchira

ベネズエラ北西部,コロンビアと国境を接する州。州都サンクリストバル。メリダ山脈の南西部を占め,大部分は山地であるが,北端部にマラカイボ低地を含む。主産業は農業で,主要換金作物はコーヒー,サトウキビ。工業は農産物加工が中心。鉱物資源としてはラバテラに比較的大きな炭田があり,またラアルギトラナは 1878~79年ベネズエラで最初の油田が発見された地といわれる。サンクリストバルを経て州内をパンアメリカン・ハイウェーが通る。面積1万 1100km2。人口 85万 9861 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タチラ州の関連キーワードペレス(Carlos Andrés Pérez (Rodriguez))サン・クリストバル(ベネズエラ)マルコス ペレス・ヒメネスサン・クリストバルサン・クリストバルペレス・ヒメネスC.A. ペレスJ.V. ゴメスゴメス

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タチラ州の関連情報