コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッピンねじ self tapping screw; tapping screw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タッピンねじ
self tapping screw; tapping screw

ねじ自身のねじ山で,相手材の下穴にねじ山をつくりながり締込む小ねじ。相手材にめねじを切る工程やナット類が省かれ,締めつけ効果が大で,ゆるみにくいため,量産部品に適している。多くの種類があるが,頭部の形によって,すりわりつき,十字穴つき,六角頭つきなどに分けられる。相手材は,鋼板のほか,非鉄金属合成樹脂,木材などにも適用できるので,用途は広い。家庭用品,電気製品,自動車・車両・航空機などの内外装備品に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タッピンねじの関連キーワードねじ回し

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android