タツタ電線(読み)タツタでんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電線・ケーブルの総合メーカー。1945年設立。事業領域として電線・ケーブルのほかに光通信の機器・システムの諸分野,エレクトロニクス関連のシステム製品,電子部品材料の開発も手がける。2000年に販売開始した電磁波シールドフィルムが利益となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

正式社名「タツタ電線株式会社」。英文社名「TATSUTA ELECTRIC WIRE AND CABLE CO., LTD.」。非鉄金属工業。昭和18年(1943)「有限会社豆陽金属工業所」設立。同20年(1945)株式会社化。同21年(1946)「タツタ産業株式会社」に改称。同23年(1948)現在の社名に変更。本社は大阪府東大阪市岩田町。総合電線メーカー。銅電線光ファイバーケーブルなどを製造。半導体用導線など電子材料も手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード5809。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android