コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌキラン(狸蘭) タヌキランCarex podogyna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タヌキラン(狸蘭)
タヌキラン
Carex podogyna

カヤツリグサ科多年草。北海道西南部から本州中部に分布し,亜高山帯の湿地や湿った岩上に生える。根茎は短く,茎は太くて高さ 40~100cm,基部赤褐色の鞘で包まれる。葉は幅 0.5~1cmで軟らかい。花期は6~7月。小穂は長さ2~4cm,上部の1~3個は雄性,下方の2~4個は雌性。雌花穂は楕円形ないし球形長柄があって下垂し,鱗片は黒褐紫色,先は短い芒 (のぎ) となる。果胞は扁平で長さ 1.2~1.5cm,狭披針形で脈がなく,長い嘴と柄がある。和名は花穂を狸の尾に見立てたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android