コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タハマースプ1世 タハマースプいっせいṬahmāsp I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タハマースプ1世
タハマースプいっせい
Ṭahmāsp I

[生]1514
[没]1576
イラン,サファビー朝第2代の王 (在位 1524~76) 。同王朝創始者イスマーイール1世長子オスマン帝国の侵略に悩まされ,1548年首都をタブリーズからカズビーンに移した。しかし,55年トルコと和約を結び,しばらく両国間の平和を維持した。彼はまたイランに亡命したインドのムガル朝第2代の王フマーユーンのデリー帰還を援助した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タハマースプ1世の関連キーワードハサン・イ・ルームルースルタン・ムハンマドシャラフ・ハーンテヘラン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android