タハマースプ1世(読み)タハマースプいっせい(英語表記)Ṭahmāsp I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タハマースプ1世
タハマースプいっせい
Ṭahmāsp I

[生]1514
[没]1576
イラン,サファビー朝第2代の王 (在位 1524~76) 。同王朝創始者イスマーイール1世長子オスマン帝国の侵略に悩まされ,1548年首都をタブリーズからカズビーンに移した。しかし,55年トルコと和約を結び,しばらく両国間の平和を維持した。彼はまたイランに亡命したインドのムガル朝第2代の王フマーユーンのデリー帰還を援助した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android