コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タプティ川 タプティがわ Tāpti

2件 の用語解説(タプティ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タプティ川
タプティがわ
Tāpti

インド中西部の川。マディヤプラデーシュ州南部,サトプラ山脈ガウィルガル丘陵に源を発し,サトプラ山脈南麓を西流して,グジャラート州スラト西方でカンベイ湾に注ぐ。全長約 700km。サトプラ山脈北麓を流れるナルマダ川とともに,インド半島の高原部とガンジスインダス平原部とを分ける重要な指標となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タプティ川
たぷてぃがわ
Tapti

インド中西部を西流する川。マハラシュトラ州、サトプラ山脈のムルタイ池に発し、ブルハンプルで広い盆地に出、カンデシュでプルナ川をあわせ、スラト平野からカンベイ湾に注ぐ。全長670キロメートル。川はデカン溶岩地帯を深く切り込んで流れ、流域には幅30キロメートルの谷底平野が広がる。上・中流域は年間1600ミリメートルの雨が降り、谷の斜面はチークや竹の森林がうっそうと茂り、トラをはじめ動物相も豊富でヤーバル動物保護区やコルカズ動物保護区がある。[成瀬敏郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タプティ川の関連キーワードサーガルジャバルプルマールワアヨーディヤーチャッティスガールマディヤプラデシュナルマダー[川]マハナディ[川]ブンデールカンドマディヤ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone