タミーム県(読み)タミーム(英語表記)At-Ta`mīm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タミーム〔県〕
タミーム
At-Ta`mīm

イラク北東部の県。県都はキルクーク。旧キルクーク県の南部を除いて構成。小ザーブ川がチグリス川に流入する地点を西端に,そこから東方へ菱形に広がる形で,東は連山が隣接のスライマーニーヤ県との境となっている。おおまかにいって,メソポタミア低地とザグロス山脈との間に横たわる山麓地域を占めている。キルクークはイラク最大の石油の産地で,パイプラインで地中海に運ばれている。農産物も豊かで,コムギ,オオムギ,果物などが主要作物であるうえ,家畜飼育も重要である。面積 9679km2。人口 60万 5900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる