連山(読み)れんざん

精選版 日本国語大辞典「連山」の解説

れん‐ざん【連山】

〘名〙
① つらなり続いている山々。幾つも峰つづきになっている山。連峰
※田氏家集(892頃)下・仲秋釈尊聴講周易、賦従龍「蟠龍未得昇天使、空望山一片雲」 〔王維‐終南山詩〕
② 中国、夏王朝のとき用いられていたとされる占筮の名。代の帰蔵とともに早く滅びた。三易の一つ。→三易
※本朝文粋(1060頃)三・立神祠〈三善清行〉「連山孕卦、殷薦之道形焉」 〔周礼‐春官・大

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「連山」の解説

れんざん【連山】

広島の日本酒。蔵元は「山県酒造」。現在は廃業は山県郡北広島町にあった。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉「連山」の解説

れん‐ざん【連山】

並び連なっている山々。連峰。
中国のの時代に行われた。→三易
[類語](1山岳高山小山山山山並み連峰山脈山塊山系山地・山岳地帯・名山秀峰高峰最高峰高嶺大山巨峰主峰霊山霊峰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「連山」の解説

連山 (レンザン)

学名Roseocactus lloydii
植物。サボテン科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

普及版 字通「連山」の解説

【連山】れんざん

夏の易。〔周礼、春官、大卜〕三易の(法)を掌る。一に曰く山、二に曰く歸(殷の卜)、三に曰く易。

字通「連」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android