連山(読み)れんざん

精選版 日本国語大辞典「連山」の解説

れん‐ざん【連山】

〘名〙
① つらなり続いている山々。幾つも峰つづきになっている山。連峰
※田氏家集(892頃)下・仲秋釈尊聴講周易、賦従龍「蟠龍得昇天使、空望連山一片雲」 〔王維‐終南山詩〕
② 中国、夏王朝のとき用いられていたとされる占筮の名。殷代の帰蔵とともに早く滅びた。三易の一つ。→三易
※本朝文粋(1060頃)三・立神祠〈三善清行〉「連山孕卦、殷薦之道形焉」 〔周礼‐春官・大卜〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android