コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タムリン Muhamad Husni Thamrin

世界大百科事典 第2版の解説

タムリン【Muhamad Husni Thamrin】

1894‐1941
インドネシア民族主義運動の指導者。ジャカルタの目抜通りにその名を残している。バタビア(現,ジャカルタ)に生まれ,1919年からバタビア市会議員となり,27年にはカウム・バタウィ(バタビア人協会)の代表として国民参議会の議員に任命された。その後,30年代を通じて穏健な民族主義路線の指導者として,国民参議会で活躍するかたわら,35年にはパリンドラ(大インドネシア党)の結成に参加し,39年のガピ(インドネシア政治連合)発足に際しては,シャリフディンらとともに中心的な役割を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

タムリンの関連キーワードプムチュタン宮殿GAPI

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android