コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タムリン Muhamad Husni Thamrin

世界大百科事典 第2版の解説

タムリン【Muhamad Husni Thamrin】

1894‐1941
インドネシア民族主義運動の指導者。ジャカルタの目抜通りにその名を残している。バタビア(現,ジャカルタ)に生まれ,1919年からバタビア市会議員となり,27年にはカウム・バタウィ(バタビア人協会)の代表として国民参議会の議員に任命された。その後,30年代を通じて穏健な民族主義路線の指導者として,国民参議会で活躍するかたわら,35年にはパリンドラ(大インドネシア党)の結成に参加し,39年のガピ(インドネシア政治連合)発足に際しては,シャリフディンらとともに中心的な役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タムリンの関連キーワードプムチュタン宮殿GAPI

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タムリンの関連情報