タムリン(英語表記)Muhamad Husni Thamrin

世界大百科事典 第2版の解説

タムリン【Muhamad Husni Thamrin】

1894‐1941
インドネシア民族主義運動の指導者。ジャカルタの目抜通りにその名を残している。バタビア(現,ジャカルタ)に生まれ,1919年からバタビア市会議員となり,27年にはカウム・バタウィ(バタビア人協会)の代表として国民参議会の議員に任命された。その後,30年代を通じて穏健な民族主義路線の指導者として,国民参議会で活躍するかたわら,35年にはパリンドラ(大インドネシア党)の結成に参加し,39年のガピ(インドネシア政治連合)発足に際しては,シャリフディンらとともに中心的な役割を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android