コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民参議会 こくみんさんぎかい

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんさんぎかい【国民参議会】

オランダ領東インド(現,インドネシア)の植民地議会Volksraad。倫理政策の一つの柱である植民地の自治能力育成政策の一環として,1918年ジャカルタに開設された。当初は単なる総督の諮問機関にすぎなかったが,27年以後,植民地内部の問題に関するかぎり,予算を含めてオランダの議会と同種の権限が与えられた。しかし国政調査権はなく,総督と意見が対立した場合にはオランダ女王の決定に従うとされていた。総督任命のオランダ人議長のほか,総督任命の議員と地方評議会議員による選挙議員から成り,議員(かっこ内は選挙議員数)は当初オランダ人20(10)人,インドネシア人15(10)人,外来東洋人3(0)人であったが,3回の改正により31年以後おのおの25(15)人,30(20)人,5(3)人になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

国民参議会の関連キーワードムハマド・H. タムリンオランダ領東インドタムリン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android