タラソセラピー(英語表記)thalassotherapy

翻訳|thalassotherapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タラソセラピー
thalassotherapy

ヨーロッパで 100年ほど前から行われている海洋療法。もともとはリハビリテーションを目的に開発された療法であるが,海水海藻の美容効果が日本でも注目されてきている。海岸の空気や海水は陰イオンオゾンヨード,酵素を豊富に含んでおり,これが新陳代謝を高めるため,心身の疲労回復,皮膚の血行を促し活性化するのに役立つとされている。フランスの海洋学研究所などでは,海藻の一部に皮膚細胞の活性化や皮下脂肪の代謝を促す効果のあるものが認められている。ヨーロッパ各地の海岸地方には多くのタラソセンターがあり,海水によるジェットシャワー,気泡風呂のほか,美容効果のある海藻を使ったマッサージや海水プールで水中エクササイズをするコース,美肌づくりや痩身のためのプログラムが組まれている。日本でもタラソセラピーを取入れたエステティックサロンやフィットネスセンターが増加している。海藻成分を使ったマッサージ剤やクリーム,シャンプーなども市販され,関心が高まっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android