コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンシャン(唐山)特別市 タンシャンTangshan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンシャン(唐山)〔特別市〕
タンシャン
Tangshan

中国華北地方,ホーペイ(河北)省北東部の鉱工業都市。省轄市で,5市区と 10県からなる。かつてはチンホワンタオ秦皇島)市と 12県からなるタンシャン(唐山)地区の公署所在地であったが,1983年地区は撤廃された。ホワペイ(華北)平原の北東端部にあり,チンハー(京哈)鉄道が通る。明代には陶磁器の産地であったが,1877年以来,カイロワン(開灤)炭鉱の開発に伴って急速に発達。早くから鉄鋼,機械,セメントなどの工場も建設され,チンホワンタオ港,テンチン(天津)港と鉄道で結ばれた。フーシュン(撫順)市に次ぐ中国第2の炭鉱都市であり,またロワン(灤)県から鉄鉱石を供給されて,ディーゼル機関,蒸気機関などの重機械工業と化学工業が発達している。陶磁器の生産も盛んである。1976年の唐山地震で 24万人以上の死者を出し,鉱工業施設も甚大な被害を受けた。復興後の建造物は耐震構造となり,産業は 1980年代には被災前の水準を回復した。人口 149万8175(2002推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タンシャン(唐山)特別市の関連キーワードツンホワ(遵化)県ホワペイ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android