コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐山地震 とうざんじしんTangshan earthquake of 1976

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐山地震
とうざんじしん
Tangshan earthquake of 1976

1976年7月28日に発生し,中国ペキン(北京)直轄市の東約 110kmにある炭鉱・工業都市タンシャン(唐山)特別市をほぼ壊滅させた,マグニチュードM)7.5の地震。公式発表による死者は 24万2000人だが,65万5000人に達したとの見方もある。負傷者は少なくとも 70万人。家屋の損壊は広範囲にわたり,北京にまで及んだ。死者の大半は,就寝中に補強のない煉瓦造りの家の下敷きとなった。本震は午前3時42分に発生。震源は唐山市南部,震源の深さは約 15kmで,ゆれは唐山から全方向に 1100km以上離れた地点でも感知された。同日,M7.1の大きな余震が約 70km北東のロワン(灤)県で発生,被害,死傷者数が拡大し,すでに瓦礫の下に閉じ込められていた人々の救助活動が遅れた。地震は,当時は知られていなかった唐山断層で起こった。唐山断層はインシャン(陰山)山脈イエンシャン(燕山)山脈と交差するあたりに位置し,北北東方面に端を発する傾斜走向断層である。本震では唐山の北北東から南南西方向に走る長さ 120kmの地中断層が生じ,市内にも顕著な地震断層が出現した。ゆれは 14~16秒間続き,土壌の液状化を引き起こした。市内では補強されていない家屋や多層の建物など建造物の 85%以上が倒壊,あるいは大きく損壊し,道路,鉄道,橋,ダム,井戸などの社会基盤も破壊された。また被災地のいたるところで湿った砂が噴き出し,井戸や灌漑水路を泥でふさいだ。液状化が最も激しかった市南部では,大量の砂が農作物に重大な被害を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうざん‐じしん〔タウザンヂシン〕【唐山地震】

1976年7月28日、中国の唐山市中心部を震源に発生したマグニチュード7.8の地震。唐山・天津(てんしん)地区を中心に、死者約24万人を出す甚大な被害をもたらした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐山地震
とうざんじしん

1976年7月28日早朝、中国大陸の産業・経済の中心地の一つである唐山・天津(てんしん)地区を襲ったマグニチュード(M)7.8の大地震。震源は唐山市中心部の直下約11キロメートルで、本震ならびに引き続き発生した大きな余震(最大M7.1)のため、死者24万人、重傷者8万1000人を数え、経済損失は約30億中国元と推定されている。地震とともに、長さ8キロメートル、幅30メートルの断層が地表面に形成された。その最大変位量は水平方向1.5メートル、上下方向0.7メートルであった。地震予知に成功した海城地震(1973年2月)以後も、華北・渤海(ぼっかい)地域にはさまざまの異常現象が観測されていたことから、厳戒体制がとられていたのであるが、直前予知に失敗し大災害を招いた。[脇田 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の唐山地震の言及

【地震】より

…また1556年華県地震(陝西省)は83万をこえる死者が記録されている。近年では1976年唐山地震(河北省,M8.0)が今世紀最多の死者24万2000人を出した。
[中東の地震]
 イラン,トルコはアラビアプレートとユーラシアプレートの境界に当たり,地震災害の多い国である。…

※「唐山地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐山地震の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ドナルド ヘンダーソン安野光雅アンリ鎌田慧ゴダール(Jean-Luc Godard)佐佐木幸綱ファスビンダーブルガリア文学ペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐山地震の関連情報