コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンラ(唐古拉)山脈 タンラさんみゃくthang lha; Tanggula shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンラ(唐古拉)山脈
タンラさんみゃく
thang lha; Tanggula shanmai

中国西部,チベット (西蔵) 高原の中部に連なる東西方向の山脈。西はカラコルム山脈,南東はホントワン (横断) 山脈に続く。東半はチベット自治区とチンハイ (青海) 省の境界をなす。標高 6000m前後の万年雪をいただく峰が連なる。最高峰は中央部のグラダンドン (格拉丹冬) 山で標高 6621m。北斜面からチャン (長) 江の源流トト (沱沱) 川が流出するほか,タンルウィン川メコン川などの源流が出ている。主峰群の東にあるタンラ峠をチンツァン (青蔵) 道路が通る。地下資源の調査が進められている。山脈名はチベット語で「高原の神」の意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タンラ(唐古拉)山脈の関連キーワードハイシー(海西)モンゴル(蒙古)族チベット(蔵)族自治州ユイシュー(玉樹)チベット(蔵)族自治州チャンタン(羌塘)高原トンティエン(通天)河ランツァン(瀾滄)江ナクチュ(那曲)地区トト(沱沱)川チャン(長)江チベット高原ヌー(怒)江

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android