コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターマン ターマン Terman, Lewis M(adison)

2件 の用語解説(ターマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターマン
ターマン
Terman, Lewis M(adison)

[生]1877.1.15. インディアナ,ジョンソンカウンティ
[没]1956.12.21. カリフォルニアパロアルト
アメリカの心理学者。スタンフォード大学教授。 35年にわたる優秀児の追跡的研究およびビネ=シモン知能検査のアメリカ版 (→スタンフォード=ビネテスト ) 作成で著名。主著『知能の測定』 The Measurement of Intelligence (1916) ,『優秀児の成長』 The Gifted Child Grows Up (47,M.オーデンと共著) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ターマン
たーまん
Lewis Madison Terman
(1877―1956)

アメリカの心理学者。インディアナ州の生まれ。師範学校卒業後教員生活に入ったが、さらにインディアナ大学クラーク大学で学んだのち、ロサンゼルス師範学校教授を経てスタンフォード大学教授となった。フランスの「ビネー‐シモンの知能検査」を改訂して、1916年「スタンフォード改訂ビネー検査」を発表した。これは、シュテルンの提案した知能指数(IQ)による表示法を採用して、標準化したものである。1937年と1960年に改訂され、今日でも代表的個人知能検査とされている。また、高知能者を35年間追跡研究したことでも知られる。著書に『The Nature of Intelligence and Principles of Cognition』(1923)、『The Abilities of Man, their Nature and Measurement』(1927)など。[肥田野直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ターマンの関連キーワードインディアンディアナインディアインディアナインディアンクラブインディアナ兵士水兵記念塔インディアナポリス500マイルレースインディア・ソングインディアナポリス交響楽団インディアナ[州]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ターマンの関連情報