コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターユイリン(大庾嶺)山脈 ターユイリンさんみゃくDayu ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターユイリン(大庾嶺)山脈
ターユイリンさんみゃく
Dayu ling

メイ (梅) 嶺ともいう。中国南東部,チヤンシー (江西) 省とコワントン (広東) 省との境界をなす北東から南西方向の山脈。ナンリン (南嶺) 山脈を形成する5嶺の一つ。チャン (長) 江水系のカン (贛) 江とチュー (珠) 江水系のペイ (北) 江との分水嶺となっている。標高 1000m前後。古くから両水系を結んだシヤオメイ (小梅) 関と呼ばれる峠道が通る。タングステンとスズが埋蔵されており,マツ類,スギ類,クスノキなどの森林におおわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ターユイリン(大庾嶺)山脈の関連キーワードカンチョウ(贛州)地区シヤオメイ(小梅)関ナンリン(南嶺)山地ターユイ(大余)県

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android