ダイクリル

化学辞典 第2版「ダイクリル」の解説

ダイクリル
ダイクリル
Dycril

デュポン(DuPont)社が開発した感光性樹脂の商品名.露光により,版上に塗布された単量体が,橋かけ反応を伴う付加重合反応を起こし,不溶性の網目状高分子を形成する.現像により未露光部分の単量体を除去すると,露光部分のみが残り,凸版印刷に利用できる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android