コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイハツハイゼットL-35

1件 の用語解説(ダイハツハイゼットL-35の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ダイハツハイゼットL-35

軽三輪トラックが小口物流に革命的な進展を付与し、これを受けて車両の 上級指向、四輪車時代への変遷に先鞭をつける車両の一つとして世に出された。また、当車両の2サイクルエンジンの潤滑方式は、後の「オイルマティック」と称される分離潤滑方式の基礎になったもので、この新潤滑方式は2サイクルエンジンに広く 採用されることになった。保管場所ダイハツ工業株式会社 (〒563-8651 大阪府池田市ダイハツ町1番1号)
製作(製造)年1960
製作者(社)ダイハツ工業株式会社
資料の種類設計図・文献
現状公開
車名ダイハツ ハイゼット
モデル名L-35
会社名ダイハツ工業株式会社
製作開始年1960
設計者ダイハツ工業
車種・用途軽自動車・商用
スタイル軽四輪トラック
ドア数2
乗員2名
車両重量540
構造ピックアップ型
バンパーあり
ステップなし
全長2990
全幅1290
全高1420
タイヤサイズ゙前4.50-12-4PR(ULT)後4.50-12-6PR(ULT)
フレームはしご型
後軸セミ フローティング式
軸距1940
前トレッドx後トレッド1120×1100
ステアリングボール循環セクタ式
ダンパー油圧式
スタビライザー
走行安定装置なし
特徴フロントサスペンション=ウイッシュボーン独立懸架式リヤサスペンション=半楕円板ばね・オイルダンパ併用
冷却/気筒配列空冷/直列2気筒
弁機構2サイクル ポート開閉式
気化器ソレックス式
内径x行程62×59
排気量356
点火系バッテリ点火
最高出力/回転数17/5000
排気浄化なし
過給機なし
可変システムなし
燃料タンク容量20リッター
特徴シュニューレ掃気式2サイクルエンジン燃料:混合油
ハイブリッドシステム形式なし
変速機前3、後1 シンクロメッシュ式
駆動方式FR
モード燃費-
参考文献自動車技術 Vol.15 No.3 1961 P139-141
その他事項積載重量:350;前照灯:2;ワイパー:あり;足ブレーキ:油圧内拡式;手ブレーキ:レバー式;比出力PS/I:47.8;最終減速:6.571;最高速度(Kkm/h):75;燃費率(Km/l):25;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイハツハイゼットL-35の関連キーワードトラックバックスパム革命的トラックアップトラッカートラックマン物流革命シンダートラック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone