ダゲスタン諸族(読み)ダゲスタンしょぞく

世界大百科事典 第2版の解説

ダゲスタンしょぞく【ダゲスタン諸族】

カフカス地方に住む諸民族の一部をいい,二つの意味に用いられる。一つはカフカス諸語のうちのダゲスタン語群に属する諸言語を用いる民族を指し,他の一つはダゲスタンに住む土着の諸民族の総称で,この場合はチュルク語系の言語を話すクミク人,ノガイ人を含み,人口144万4000(1989)を数える。古代のカフカス・アルバニア王国,中世グルジア王国の努力で南部を中心にキリスト教化が進んだが,16世紀までには,イスラムスンナ派信仰が圧倒的になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android