コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダゲスタン諸族 ダゲスタンしょぞく

世界大百科事典 第2版の解説

ダゲスタンしょぞく【ダゲスタン諸族】

カフカス地方に住む諸民族の一部をいい,二つの意味に用いられる。一つはカフカス諸語のうちのダゲスタン語群に属する諸言語を用いる民族を指し,他の一つはダゲスタンに住む土着の諸民族の総称で,この場合はチュルク語系の言語を話すクミク人,ノガイ人を含み,人口144万4000(1989)を数える。古代のカフカス・アルバニア王国,中世グルジア王国の努力で南部を中心にキリスト教化が進んだが,16世紀までには,イスラムのスンナ派の信仰が圧倒的になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ダゲスタン諸族の関連キーワードカフカス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android