コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダゲスタン諸族 ダゲスタンしょぞく

1件 の用語解説(ダゲスタン諸族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダゲスタンしょぞく【ダゲスタン諸族】

カフカス地方に住む諸民族の一部をいい,二つの意味に用いられる。一つはカフカス諸語のうちのダゲスタン語群に属する諸言語を用いる民族を指し,他の一つはダゲスタンに住む土着の諸民族の総称で,この場合はチュルク語系の言語を話すクミク人,ノガイ人を含み,人口144万4000(1989)を数える。古代のカフカス・アルバニア王国,中世グルジア王国の努力で南部を中心にキリスト教化が進んだが,16世紀までには,イスラムスンナ派の信仰が圧倒的になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダゲスタン諸族の関連キーワードアゼルバイジャングルジア語カフカス西夷チュートン蒸かすふかふかカフカス山脈カフカスの火薬庫ダゲスタン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone