コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダゲスタン諸族 ダゲスタンしょぞく

1件 の用語解説(ダゲスタン諸族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダゲスタンしょぞく【ダゲスタン諸族】

カフカス地方に住む諸民族の一部をいい,二つの意味に用いられる。一つはカフカス諸語のうちのダゲスタン語群に属する諸言語を用いる民族を指し,他の一つはダゲスタンに住む土着の諸民族の総称で,この場合はチュルク語系の言語を話すクミク人,ノガイ人を含み,人口144万4000(1989)を数える。古代のカフカス・アルバニア王国,中世グルジア王国の努力で南部を中心にキリスト教化が進んだが,16世紀までには,イスラムスンナ派の信仰が圧倒的になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone