コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダットサンDB-5型

1件 の用語解説(ダットサンDB-5型の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ダットサンDB-5型

昭和22年の自動車取締令改正により、1500cc以下の小型自動車が生産可能になったのを受けて(それまでは750ccまで)、『ダットサン・スタンダードセダンDA型』が誕生した。この車には燃料消費量を節約する目的で、コントロールバルブ装置をメーター盤の下に吊るし、レバーを操作して燃料の噴出量を加減するミクスチャーコントロール(MC装置)を採用した。その翌年、新たにキャブフロントから全部設計された『ダットサン・デラックスセダンDB型』が造られた。DB型のボディは三菱重工で造られ、当時米国で生産された小型乗用車「クロスレイ」に似ていた。1950年(昭和25年)には排気量を722ccから860ccへとアップし(DB-2型)、シャシーも補強された。1951年(昭和26年)にはタクシー界の要望に応じて4ドア化したDB-4型を発売。1953年(昭和28年)、25psエンジンを積んだDB-5は旧モデルDB-4に約350点の改良を加え登場。ボディを生産していた三菱重工業は、サイドメンバを一体でプレスする方式を採用した。その後、1954年(昭和29年)DB-6型で生産が終了。こうして何回かの小変更を経て、ダットサン乗用車の命脈をつないできた貴重な車である。保管場所日産自動車(株)宣伝部 (〒104-8023 東京都中央区銀座6-17-1)
製作(製造)年1953
製作者(社)日産自動車株式会社
資料の種類量産品
現状保存・非公開
車名ダットサンDB5
モデル名DB-5型
会社名日産自動車(株)
製作開始年1953
車種・用途乗用車
実車所在/模型日産自動車・座間
スタイルセダン
ドア数4ドア
乗員4名
車両重量890kg
構造鋼板-フレーム
バンパーあり
ステップなし
全長3,805mm
全幅1,480mm
全高1,560mm
タイヤサイズ゙550-15-4PR
フレーム梯子型キックアップ
前軸I型断面逆エリオット式
後軸半浮動式
軸距2,150mm
前トレッドx後トレッド1048×1180
車高調整なし
ステアリングウォーム&セクター式
ダンパー筒型
走行安定装置なし
原動機名D-10型
冷却/気筒配列水冷/直列4気筒
弁機構SV
気化器ソレックスVA26-1
内径x行程60×76
排気量860cc
点火系高圧蓄電池式
最高出力/回転数25ps/4000rpm
最大トルク/回転数5.1kgm/2400rpm
過給機なし
可変システムなし
燃料タンク容量18L
ハイブリッドシステム形式なし
変速機4速
モード燃費-
参考文献1)『日産自動車30年史』日産自動車、1965年 2)『ダットサンの50年』(別冊CG)二玄社、1983年 3)『ダットサン変遷史』モーターエイジ35号
その他事項シャシー重量:475kg;前照灯:2灯式;ワイパー:電動;足ブレーキ:油圧式四輪制動;手ブレーキ:機械式後二輪制動;最終減速:6.5;最高速度:78km/h;燃費率:19km/L;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダットサンDB-5型の関連キーワード小型自動車自動車重量税無能力者運転免許自動車取得税豆自動車エコノミー車両保険JAMA暴利取締令月掛の自動車保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone