ダニエル・C. ガイジュセク(英語表記)Daniel Carleton Gajdusek

20世紀西洋人名事典の解説

ダニエル・C. ガイジュセク
Daniel Carleton Gajdusek


1923.9.9 -
米国の小児科医,ウィルス学者。
国立神経病研究所大学教授。
1958年から国立衛生研究所教授をつとめる。ニューギニア高地において食人習慣のあるフォレ族のみに多発する慢性進行性神経疾患のクールー病について研究し、ウィルスが原因であることを発見した。その業績により、’76年度ノーベル生理・医学賞をブランバーグとともに受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android