ダニディン(英語表記)Dunedin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダニディン
Dunedin

ニュージーランド,サウス島南東岸の港湾都市。オタゴ地方の中心地。 1848年スコットランド自由教会により建設され,住民の多くはスコットランド人の子孫。 2km2のグリーンベルトは有名。 61年オタゴで金が発見されてから町は隆盛をきわめた。紡績,衣服,毛織物,製粉,醸造,冷凍食肉など諸工業が盛ん。羊毛,冷凍食品,酪製品を輸出し,石油製品,鉄鋼,砂糖を輸入。イギリス国教会およびカトリックの大会堂,オタゴ大学,エレンテリィ庭園,オタゴ博物館,ニュージーランド最古のオタゴ高等学校がある。人口 10万 6400 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android