コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダビンシュウェティー Tabinshwehti

1件 の用語解説(ダビンシュウェティーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダビンシュウェティー【Tabinshwehti】

1516‐50
タウングー朝ビルマの実質的創建者。在位1531‐50年。パガン朝の崩壊,シャン系王朝の成立に伴い南部へ移動したビルマ族が13世紀末ごろ構築したシッタウン河畔のタウングーで,その地の支配者の家系に生まれた。父ミンチーニョーの死によって1530年タウングーの城主となり,その5年後ビルマ族による国土の統一に乗り出した。タカユッピの支配下にあるモン族のペグー朝を攻撃,38年ペグー,41年マルタバン(モウタマ),42年プロームを陥れ,43年には中部ビルマを平定,パガンで上ビルマの王に即位,2年後にはモン式典礼にのっとってモン族の王にも即位した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダビンシュウェティーの関連キーワードタウンタウンズビルビルマ戦争ペグータウン誌イギリスビルマ戦争実質的ダウンタウンタウンウオッチングビルマ種 (Burma)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone