コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダビンシュウェティー Tabinshwehti

世界大百科事典 第2版の解説

ダビンシュウェティー【Tabinshwehti】

1516‐50
タウングー朝ビルマの実質的創建者。在位1531‐50年。パガン朝の崩壊,シャン系王朝の成立に伴い南部へ移動したビルマ族が13世紀末ごろ構築したシッタウン河畔のタウングーで,その地の支配者の家系に生まれた。父ミンチーニョーの死によって1530年タウングーの城主となり,その5年後ビルマ族による国土の統一に乗り出した。タカユッピの支配下にあるモン族のペグー朝を攻撃,38年ペグー,41年マルタバン(モウタマ),42年プロームを陥れ,43年には中部ビルマを平定,パガンで上ビルマの王に即位,2年後にはモン式典礼にのっとってモン族の王にも即位した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダビンシュウェティーの関連キーワードバインナウン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android