ダブルベース火薬(読み)ダブルベースカヤク

デジタル大辞泉の解説

ダブルベース‐かやく〔‐クワヤク〕【ダブルベース火薬】

黒色火薬に比べて発煙量が非常に少ない無煙火薬の一。ニトロセルロースニトログリセリンを加えたもの。名称は、ともに酸化剤・燃料剤として二つの基剤が用いられることに由来する。ロケットなどのダブルベース推進剤に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例