コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルブッカ darbukka

世界大百科事典 第2版の解説

ダルブッカ【darbukka】

酒杯の形をした一面太鼓。ダラブッカdarabukkaともいう。中東,北アフリカのイスラム地域に広く分布する。枠は陶器,木材,金属などでつくり,それに羊,ラクダなどの革をはる。革面は膠(にかわ)か鋲(びよう)で固定し,底面はあいたままである。ふつうは片腕にかかえるか,または両脚の間にはさんでおき,指でたたく。その指さばきは技巧的で複雑である。民俗・古典音楽に用いる。トンバク(ドンベク。イラン),デルボッカ(モロッコ,アルジェリア),デブレク(トルコ)など類似のものがあるが,地域により,大きさ,形状が異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android