コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルブッカ darbukka

1件 の用語解説(ダルブッカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダルブッカ【darbukka】

酒杯の形をした一面太鼓。ダラブッカdarabukkaともいう。中東,北アフリカイスラム地域に広く分布する。枠は陶器,木材,金属などでつくり,それに羊,ラクダなどの革をはる。革面は膠(にかわ)か鋲(びよう)で固定し,底面はあいたままである。ふつうは片腕にかかえるか,または両脚の間にはさんでおき,指でたたく。その指さばきは技巧的で複雑である。民俗・古典音楽に用いる。トンバク(ドンベクイラン),デルボッカ(モロッコアルジェリア),デブレク(トルコ)など類似のものがあるが,地域により,大きさ,形状が異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダルブッカの関連キーワードダラブッカトンバク羽觴馬盥オペラブッファ五度入り太鼓鋲血だらけべた一面酒杯

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダルブッカの関連情報