コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンケルクの戦い ダンケルクのたたかいBattle of Dunkerque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンケルクの戦い
ダンケルクのたたかい
Battle of Dunkerque

ダンケルク撤退作戦とも呼ばれる第2次世界大戦中,1940年5月 28日から6月4日までの8日間にわたって,イギリスヨーロッパ派遣軍 22万 6000人とフランスベルギー軍 11万 2000人が,フランス北部のダンケルクの海岸からイギリス本土へ撤退した作戦。ドイツ軍は,5月 19日にアブビル以西の海岸を確保し,イギリスのヨーロッパ派遣軍を海を背に包囲した。ドイツ軍は包囲環を縮めていったが,24日にヒトラーはドイツ機甲部隊に前進を停止するように命じた。この命令は今日でも謎となっているが,H.ゲーリングが包囲環のなかの連合軍を空軍で粉砕したかったからとか,南からフランス軍の反攻を予想したからとかいわれる。 28日にヒトラーは停止命令を撤回した。そして,一帯をドイツ軍が完全に占領する6月5日までに,イギリスは漁船,内航船,石炭船,ヨットなどを含む 850隻のあらゆる種類の船を集め,ダンケルクから 33万 8000人の連合軍とその他からの救出された者も合せて 55万 8000人を撤退させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone