コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンコウバイ(檀香梅) ダンコウバイLindera obtusiloba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンコウバイ(檀香梅)
ダンコウバイ
Lindera obtusiloba

クスノキ科の落葉低木で,ウコンバナ,シロヂシャなどともいう。関東地方より南の山地に生え,アジア東部にも分布する。枝はやや太くまばらで,広楕円ないし卵円形の葉が互生し,葉の先端が普通は3裂するが,幼樹や枝先の葉は裂けずに卵形のことがある。葉裏は帯白色で葉脈に沿って淡褐色の長い毛がある。早春,葉の出る前に散形花序をなして黄色の小花を多数つける。雌雄異株。果実は球形の液果で赤く熟する。全株にかすかに芳香がある。果実から油をしぼって灯油とし,また朝鮮半島では冬柏油と呼んで高級な頭髪油とされる。なお,ロウバイ科トウロウバイダンコウバイと呼ばれるが,別種である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダンコウバイ(檀香梅)の関連キーワードクスノキ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android