コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンコウバイ

百科事典マイペディアの解説

ダンコウバイ

ウコンバナとも。クスノキ科の落葉低木。関東〜九州,東アジアの山地にはえる。葉は広楕円形でやや厚く,多くは浅く3裂する。雌雄異株。3〜4月,葉の出る前に,黄色で小さな6弁花がかたまって咲く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダンコウバイ【Lindera obtusiloba Bl.】

春先,葉の展開する前に小さな黄色い花を密集してつけ美しい。鬱金花うこんばな)ともいう。日本では漢字に檀香梅をあてることが多いが,これは漢名ではロウバイの園芸品種トウロウバイをさす。クスノキ科の落葉低木で,高さ3~6m。葉は互生,全縁で3行脈があり,通常浅く3裂する。雌雄異株で,散形花序は前年の葉腋から出る短枝につき,花被片は6枚。雄花ではおしべは9本が3輪に並び,葯は2室で,2弁によって弁開する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンコウバイ
だんこうばい / 檀香梅
[学]Lindera obtusiloba Bl.

クスノキ科の落葉小高木。高さ6メートルほどになり、幹は灰褐色、枝は緑色。葉はやや厚く、広卵形で、普通、3浅裂し、長さ5~15センチメートル。花は2~3月、散形花序につき、黄白色、葉より早く開く。雌雄異株。果実は球形の液果で径約7ミリメートル、赤色から黒紫色に熟す。関東地方以西の本州から九州および朝鮮半島、中国に分布し、山地に生える。花がウメに似ており、材がビャクダン(檀香)のように香りがあるためこの名がある。花が黄色なのでウコンバナ(欝金花)ともいう。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のダンコウバイの言及

【クロモジ(黒文字)】より

…【飯島 吉晴】。。…

【クロモジ(黒文字)】より

…果実は赤熟する。ダンコウバイL.obtusiloba Bl.やヤマコウバシL.glauca Bl.も同属の小低木である。テンダイウヤク(天台烏薬)L.strychnifolia (Sieb.et Zucc.) F.Vill.は中国中部原産の常緑低木で,享保年間(1716‐36)に渡来し,日本の暖地に野生化している。…

※「ダンコウバイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダンコウバイの関連キーワードダンコウバイ(檀香梅)シロモジ(白文字)白萵苣時不知

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android