コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クスノキ科 クスノキかLauraceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クスノキ科
クスノキか
Lauraceae

双子葉植物モクレン目の1科。新旧両大陸の熱帯から暖温帯にかけて広く分布し,30余属 2000種以上がある。特に種類が多いのは東南アジアとブラジルとされる。大半は常緑の高木または低木であるが,クロモジ (黒文字) などの落葉低木や,まれにスナヅル属 Cassythaのように寄生生活をするつる草本もある。葉は互生または対生し,幹とともに精油成分を含んでいて芳香をもつものが多い。花は3数性のものが多く,おしべは花被片の2倍数。 (やく) が弁で開閉して花粉を出す点が特徴的である。クスノキ () ニッケイ (肉桂) ゲッケイジュ (月桂樹) など薬用,香料原料とされるものが多く,熱帯果樹のアボカドもこの科の植物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クスノキ科
くすのきか
[学]Lauraceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉の木、まれに寄生するつる草もある。全体に芳香がある。花は小さく両性または単生。4または6枚の花被(かひ)があり、雄しべは6~12本、普通は3本ずつが2、4輪に並ぶ。葯(やく)は2または4室で、2または4枚の弁状の蓋(ふた)が開いて花粉を散らす。雌しべは1本、子房は1室、1個の胚珠(はいしゅ)が下垂する。果実は液果で1個の堅い種子がある。クスノキ亜科と寄生植物のスナヅル亜科があり、熱帯から暖帯に分布し、32属約2500種知られる。日本にはクスノキ属、クロモジ属、タブノキ属、シロダモ属など9属28種が野生し、またゲッケイジュ、ニッケイが栽培され、アボカドが果物として知られる。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクスノキ科の言及

【クスノキ(樟)】より

…庭園,神社,寺院によく植えられ,また暖地の街路樹にも用いられるクスノキ科の常緑樹木で,ふつう樹高25m,直径80~150cmになるが,ときには樹高40m以上,直径5~8mに達する巨大なものがある(イラスト)。関東地方以南,四国,九州から台湾,中国南部,インドシナに分布し,丈夫で育ちやすいので各地に植えられる。…

※「クスノキ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クスノキ科の関連キーワードCassytha枇杷葉肉桂スナヅル属鉄釘の樹毛黒文字松浦肉桂天台烏薬円葉肉桂白だも細葉椨山胡椒油瀝青樟脳木畑鬱金鬱金花壇香梅山鶏椒時不知磯枇杷赤萵苣

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クスノキ科の関連情報