コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンチヒ問題 ダンチヒもんだいDanzig Dispute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンチヒ問題
ダンチヒもんだい
Danzig Dispute

第2次世界大戦の一つのきっかけとなったドイツポーランド間の問題。バルト海のドイツの港ダンチヒは,ベルサイユ条約の結果,人口の 96%を占めるドイツ人の意見を無視して,1920年国際連盟保護下の自由都市とされ,ドイツ領と切離された。 30年代に入ってナチスの台頭とともにダンチヒ市内でもドイツとの完全な結合を要求する声が高まり,39年ドイツはダンチヒの返還とポーランド回廊を通過して東プロシアと結ぶ鉄道,道路の敷設権を要求,これを拒否するポーランドとの争いが第2次世界大戦勃発の端緒となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダンチヒ問題の関連キーワードグラス

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android