コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダークバッグ dark bag

デジタル大辞泉の解説

ダーク‐バッグ(dark bag)

昼光のなかで感光材料を取り扱うのに用いる光を通さない材質でできた袋。袖口(そでぐち)から手を入れてフィルムの詰め替え、現像タンクへの撮影ずみフィルムの巻き込みなどを行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ダークバッグ

 文字どおり「暗い袋」で、暗室(=darkroom)の代用をする袋のこと。携帯用簡易暗室。真っ黒に遮光してある袋で、両手を入れて作業をするための袖口と、二重に遮光された開閉部とがある。  この開閉部からパトローネ入りのフィルムと現像タンク、現像リールを入れて、開閉部のファスナーを閉じて、袖口から両手を入れて、手探りでフィルムをリールに巻き込み、現像タンクに入れる。あるいは、大判カメラのシートフィルムをフィルムホルダーにセットするのもこのダークバッグ内で手探りで行う。カメラ内でフィルムが切れたりした場合にも、カメラの裏ぶたをダークバッグ内で開けて、フィルムを取りだし、パトローネ内に巻き戻すことなどができる。フィルムカメラ派なら、ぜひとも持っていたいアクセサリーのひとつである。  なお右の製品は堀内カラーのダークバッグで、サイズは730×680mm。価格は5,000円弱である。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

ダークバッグの関連キーワードノッチ昼光

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダークバッグの関連情報