コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダークバッグ ダークバッグ dark bag

2件 の用語解説(ダークバッグの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ダーク‐バッグ(dark bag)

昼光のなかで感光材料を取り扱うのに用いる光を通さない材質でできた袋。袖口(そでぐち)から手を入れてフィルムの詰め替え、現像タンクへの撮影ずみフィルムの巻き込みなどを行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

ダークバッグ

 文字どおり「暗い袋」で、暗室(=darkroom)の代用をする袋のこと。携帯用簡易暗室。真っ黒に遮光してある袋で、両手を入れて作業をするための袖口と、二重に遮光された開閉部とがある。  この開閉部からパトローネ入りのフィルムと現像タンク、現像リールを入れて、開閉部のファスナーを閉じて、袖口から両手を入れて、手探りでフィルムをリールに巻き込み、現像タンクに入れる。あるいは、大判カメラのシートフィルムをフィルムホルダーセットするのもこのダークバッグ内で手探りで行う。カメラ内でフィルムが切れたりした場合にも、カメラの裏ぶたをダークバッグ内で開けて、フィルムを取りだし、パトローネ内に巻き戻すことなどができる。フィルムカメラ派なら、ぜひとも持っていたいアクセサリーのひとつである。  なお右の製品は堀内カラーのダークバッグで、サイズは730×680mm。価格は5,000円弱である。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ダークバッグの関連キーワード暗室暗室ランプ憤り小暗いスタッフドオリーブ如法ファンダメンタリスト文字通りわかんどおり上通り

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone