コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーヤバーガ ダーヤバーガDāyabhāga

1件 の用語解説(ダーヤバーガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダーヤバーガ
Dāyabhāga

インドの法律書。 11世紀後半頃,ベンガルでジームタバーハナが著わし,家族の財産権と相続法を述べたもの。ここでは,家長たる父は家産を処分する権利が与えられており,それよりややのちに南インドで著わされた『ミタークシャラー』 Mitākṣarā (1120~25頃) の,息子が出生によって家産に対する権利をもち,父の家産処分にあたっては息子の同意を得ねばならないという規定とは対照的である。ベンガルではこの書が権威あるものとして尊重され,今日にいたるまで,インドの他の地方と違った相続法が行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone