コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダールベルク ダールベルクDalberg, Karl Theodor, Freiherr von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダールベルク
Dalberg, Karl Theodor, Freiherr von

[生]1744.2.8. ヘルンスハイム
[没]1817.2.10. レーゲンスブルク
最後のマインツ選帝侯 (在位 1802~03) 。ライン川中流域に所領をもつドイツの名門貴族の出で,1772年エルフルトのマインツ選帝侯代理官,87年マインツ副司教を経て,1802年マインツ選帝侯となった。自由主義的で,ナポレオン1世の恩顧を得たため,03年の帝国西部領域再編成でマインツ大司教領が消滅したとき,レーゲンスブルクとアシャッフェンブルクの両侯国を与えられ,ライン同盟結成にあたってはその首席君主とされた。 10~13年にはフランクフルト大公を称し,その後レーゲンスブルク大司教となった。カトリック教界における啓蒙思想の代表者であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダールベルクの関連キーワード延享カルナータカ戦争鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村八女福島の燈籠人形