恩顧(読み)おんこ

精選版 日本国語大辞典の解説

おん‐こ【恩顧】

〘名〙 目上の者が目下の者に情けをかけること。また、目下の者が目上の者から目をかけられていること。めぐみ。ひいき。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※方丈記(1212)「人の奴たるものは、賞罸はなはだしく、恩顧あつきをさきとす」 〔韓愈‐奉和武相公詠孔雀詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おん‐こ【恩顧】

情けをかけること。よくめんどうをみること。「恩顧をこうむる」「恩顧に報いる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例