コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシャッフェンブルク Aschaffenburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシャッフェンブルク
Aschaffenburg

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。マイン川中流右岸,シュペサルト山地西麓に位置する。ローマ人の集落から発達し,982年頃マインツ大司教領となり,1173年都市権を得た。宗教会議 (1292) や帝国議会 (1447) の開催地。 1814年バイエルン領に編入。ローマの城塞跡に建設されたルネサンス期のヨハネスブルク城 (1605~14) は,マインツ選帝侯の夏の離宮。 12世紀の聖堂の絵画や市立博物館の美術収集品にはすぐれたものが多い。衣服,製紙,機械,精密機器,金属,塗料,化粧品などの工業がある。人口6万 4098 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アシャッフェンブルク(Aschaffenburg)

ドイツ中西部、バイエルン州の工業都市。フランクフルトの南東約40キロメートル、マイン川沿いに位置する。中世よりマインツ大司教に統治され、1814年からバイエルン領。マインツ大司教の居館として建造されたヨハネスブルク城がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシャッフェンブルク
あしゃっふぇんぶるく
Aschaffenburg

ドイツ中西部、バイエルン州の都市。人口6万7600(2000)。フランクフルトの南東、マイン川の右岸に位置する。ライン低地とシュペサルト丘陵地の中間にある交通の要地で、繊維、製紙、機械の各工業が盛んである。火力発電所があり、ドイツで最初に原子力発電所が建設された土地でもある。古くから河港として発展し、13世紀以降にはマインツ大僧正の第二の居住地ともなった。その居館であったルネサンス様式のヨハネスブルク城は有名。[石井英也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アシャッフェンブルクの関連キーワードエルンスト・ルートヴィヒ キルヒナーフェリックス マガトカルロス ブーザーグリューネワルトブレンターノデッサウアーダールベルクキルヒナー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android