ライン同盟(読み)ラインどうめい(英語表記)Rheinbund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライン同盟
ラインどうめい
Rheinbund

(1) 第1次 三十年戦争終了後の 1658~67年ドイツの新・旧両教徒の有力諸侯が結んだ同盟ウェストファリアの講和後,フランスとスペインはなお交戦中であったため,自己の領域を守り,同講和を執行するために結成された。 (2) 第2次  1806~13年ナポレオン1世によって組織されたドイツ西部諸邦の連合体。 05年アウステルリッツの戦いでオーストリア,ロシア,プロシアの連合軍に圧勝したナポレオンは,ドイツにプロシア,オーストリアに対抗する勢力をつくるため,この同盟を結成し,各邦君主の国家主権を認めつつみずからその保護者 (プロテクトール) に就任。この結果,神聖ローマ帝国は消滅した。最初バイエルン,ウュルテンベルク,バーデン,さらに 07年のティルジット条約後にウェストファリアを加え,プロシア,オーストリア以外の全領邦を参加させた。なおその際に多くの小領邦,自治都市をそれぞれの諸侯に併合させた。フランクフルトアムマインに同盟議会がおかれたが1度も開かれず,実権はナポレオンが握り,同盟は最大6万 3000の兵力を彼に供出することを定められた。ナポレオンの没落とともに解体

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ライン同盟【ラインどうめい】

1806年ナポレオン1世が設立したドイツ諸国連合組織。ライン連邦とも。プロイセンとオーストリアを除く中小ドイツ諸国が加盟,これとともに神聖ローマ帝国は崩壊した。各国でナポレオン法典の導入などの改革が行われたが,連邦自体としてはほとんど活動せず,1813年ナポレオンの没落とともに解体した。ナポレオンのドイツ支配機構,傀儡(かいらい)組織にすぎなかったが,ドイツ近代化の契機を作った。
→関連項目イェーナの戦ザクセン神聖ローマ帝国リヒテンシュタイン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラインどうめい【ライン同盟 Rheinbund】

フランスの主導下にドイツ諸邦が結成した同盟。(1)1658年ドイツ諸邦とフランスがウェストファリア条約の遵守と反オーストリア勢力の強化をめざして締結したが,68年に解体した。(2)1806‐13年,ナポレオンの保護下にバイエルンなど中小ドイツ諸邦が参加した同盟。別名ライン連邦。アウステルリッツの戦(1805)によってロシア・オーストリア軍を破ったナポレオンは,プロイセン,オーストリア両国に対抗する第三勢力を育成するために西南ドイツ領邦君主にこの同盟を結成させ,このため神聖ローマ帝国は崩壊するに至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラインどうめい【ライン同盟】

1806年ナポレオン一世がプロイセン・オーストリアと対抗するために結成させた西南ドイツ諸邦の同盟。これにより神聖ローマ帝国は完全に解体。13年ナポレオンの没落とともに崩壊した。ライン連邦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライン同盟
らいんどうめい
Rheinbundドイツ語

1806年7月、ナポレオン1世の保護下で結ばれたライン流域の南西ドイツ諸国の同盟。ライン連邦ともよばれる。加盟国は最初16か国で、国土拡大、王国(バイエルン、ウュルテンベルク)や大公国(バーデンなど)への昇格と引き換えにナポレオンに6万3000の兵とその統帥権を与え、同年8月1日神聖ローマ帝国からの離脱を宣言した。同月6日の同盟成立は帝国の崩壊をもたらし、ナポレオンにドイツ支配の支柱を与えたが、同時に南西ドイツの多数の小国家の消滅によりドイツ統一への一歩前進をも意味した。同盟は11年までに直接統治地域とプロイセン、オーストリア2国を除く全地域に拡大され、多くの国でナポレオン法典導入や改革も行われたが、13年の解放戦争により消滅した。[岡崎勝世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android