コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルナータカ戦争 カルナータカせんそう Carnatic Wars

3件 の用語解説(カルナータカ戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルナータカ戦争
カルナータカせんそう
Carnatic Wars

1744~63年に,インドカルナータカ地方の領有をめぐってイギリスフランスが3次にわたって行なった戦争。戦争の結果,イギリスは南インドでの覇権を確立し,フランスはインドシナに力を注ぐことになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カルナータカせんそう【カルナータカ戦争】

1744‐61年の間,英仏東インド会社の対立を中心に,インド各地の諸政治勢力をまじえて南インド(カルナータカKarnātaka地方)を舞台に行われた3次にわたる戦争。それまで,英仏各東インド会社は,マドラスポンディシェリーそれぞれ拠点に商業活動に専念していた。しかし,1744年に伝えられたヨーロッパでの英仏交戦(オーストリア継承戦争)の知らせは事態を急変させ,46年にデュプレックスを総督とするフランス側はマドラスを攻略した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルナータカ戦争
かるなーたかせんそう

1744年から63年にかけて、インド東南海岸カルナータカKarnataka地方で、イギリスとフランスとが植民地争奪の主導権をめぐって起こした3回の戦争。イギリスはこの戦争の勝利で南インド植民地支配の基礎を築いた。第1回は、1744年オーストリア継承戦争の一環として起こり、インド民兵を利用したデュプレクス率いるフランス軍がマドラス(現チェンナイ)を占領するなどして勝利のうちに48年講和となった。第2回は、49年カルナータカ土侯の継承戦争に干渉して両軍が戦闘を再開。クライブ指揮のもとイギリス軍優勢のうちに54年講和、この地の保護権を獲得。一方、デュプレクスは本国召還となった。第3回は、七年戦争に関連して58年に起こり、イギリスはポンディシェリを占領。63年講和、この地の支配権を得た。[上條安規子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルナータカ戦争の関連キーワードイギリス東インド会社オランダ東インド会社スペックス東インド会社プラッシーの戦いホールンセポイの反乱西インド会社東インド連合東インド会社

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone