コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダールル・フヌーン Dār al-Funūn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダールル・フヌーン
Dār al-Funūn

イラン,カージャール朝の宰相アミーレ・カビールが 1851年テヘランに創立した最初の近代高等教育の学校。西洋の「ポリテクニク校」をモデルとし,王朝役人の子弟を対象に,軍事技術,数学,科学,医学,鉱山学を教えた。さらに地理学フランス語などが追加され,プロシアオーストリア,フランスなどから教師を招き,イラン人教師とともに教えた。のちに学校は次第に分化して医学校,薬学校,軍事学校,高等師範などが設立され,これらはやがてテヘラン大学の基礎となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android