コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダールル・フヌーン ダールル・フヌーンDār al-Funūn

1件 の用語解説(ダールル・フヌーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダールル・フヌーン
Dār al-Funūn

イラン,カージャール朝の宰相アミーレ・カビールが 1851年テヘランに創立した最初の近代高等教育の学校。西洋の「ポリテクニク校」をモデルとし,王朝役人の子弟を対象に,軍事技術,数学,科学,医学,鉱山学を教えた。さらに地理学,フランス語などが追加され,プロシア,オーストリア,フランスなどから教師を招き,イラン人教師とともに教えた。のちに学校は次第に分化して医学校,薬学校,軍事学校,高等師範などが設立され,これらはやがてテヘラン大学の基礎となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone