師範(読み)シハン

デジタル大辞泉の解説

し‐はん【師範】

人の手本となること。また、その人。模範。「世の師範と仰がれる」
学問・技芸を教える人。また、その資格。「柔道の師範
師範学校」の略。「女子師範

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しはん【師範】

人の手本となること。また、手本となる人。 「 -として仰がれる」
学問・武芸・技芸などの先生。また、資格の名としても用いる。 「 -になる」
「師範学校」の略。 「 -出の先生」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐はん【師範】

〘名〙 (「師」は教えみちびく人、手本となる人。「範」は手本の意)
① 人の手本となること。また、その人。模範。亀鑑。師表。
※令義解(718)職員「太政大臣一人。右師範一人。儀形四海。〈謂。師者。教人以道者之称也。範者。法也〉」 〔後漢書‐楊賜伝〕
② 学術、技芸を教える人。師匠。先生。また、その資格にもいう。
※続日本紀‐養老五年(721)一月甲戌「宜於百僚之内、優遊学業、堪師範、特加賞賜、勧励後生
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「俳諧の師範(シハン)をしてくらしけるが」
③ 仏門の高僧、または指導的立場にある僧。師僧。
※七箇条起請文(1204)「一可止自説仏教邪法正法、偽号師範説事」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一〇「中学と師範とはどこの県下でも犬と猿の様に仲がわるいさうだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

師範の関連情報