コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェシャーウェスト・チェスター(英語表記)Cheshire West and Chester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェシャーウェスト・チェスター
Cheshire West and Chester

イギリスイングランド中西部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地チェスター。旧チェシャー県に属する。2009年にチェシャー県がチェシャーイーストとチェシャーウェスト・チェスターに分割されて成立。大部分がゆるやかに起伏するチェシャー平野からなる。西はウェールズに接し,北西はマージー川ディー川の三角江(エスチュアリー)に面する。17世紀半ば以降,農業と工業が発展し始めた。ウィンズフォード,ノースウィッチは古くからの塩田地帯にあり,岩塩鉱床の開発に伴って形成された。18~19世紀に岩塩の多量採掘による地盤沈下で生産は減少し,今日では塩水製品を中心とする化学工業が行なわれている。農業はきわめて生産性が高く,特に酪農が盛んで有名なチェシャーチーズなどが製造される。中心都市のチェスターは中世にアイルランドとの交易で繁栄し,リバプールにその地位を譲るまで重要な港町だった。ローマ時代の防壁や 16世紀の大聖堂など歴史的な建造物が多数保存されている。エルズミアポートには製油所や大規模な自動車工場がある。面積 917km2。人口 32万6600(2009推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android