コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェスター大聖堂 チェスターダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

チェスター‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【チェスター大聖堂】

Chester Cathedral》英国イングランド北西部、チェシャー州の都市チェスターにある大聖堂。10世紀創建の聖ワーバラを祭った教会に起源し、後にベネディクト派修道院になった。13世紀から16世紀にかけて増改築され、赤色の外壁をもつ現在の姿となった。ノルマン様式やゴシック様式などさまざまな建築様式が混在し、身廊(しんろう)の木造天井やステンドグラスの美しさで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

チェスターだいせいどう【チェスター大聖堂】

イギリスのイングランド北西部、ウェールズとの境に近いチェスター(Chester)にある大聖堂。ローマ軍が要塞を築いて以来2000年の歴史を持つ、城塞のある町チェスターの象徴的存在で、チェスター駅から徒歩15分ほどの場所にある。10世紀ごろ、サクソン人により聖ウェルバーに捧げたベネディクト派修道院として設立されたのが最初で、その後、ノルマン人により、1250年ごろから現在残っているゴシック様式の建物がつくられた。この修道院は1540年ごろに完成したが、その直後の宗教改革により修道院は解散、チェスター主教区の大聖堂として存続することになった。建物は増改築を繰り返したこともあり、ノルマン様式からネオゴシック様式まで、さまざまな建築様式が混在したものになっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

チェスター大聖堂の関連キーワードウィンチェスター・バイブルローマンハーバー城壁ジュールス ナイトウィンチェスターイギリス音楽ホジソン