コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェチェン・ハン(車臣汗) チェチェン・ハンChechen Khan

1件 の用語解説(チェチェン・ハン(車臣汗)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェチェン・ハン(車臣汗)
チェチェン・ハン
Chechen Khan

明末から清朝にかけて外モンゴル東部を占めたチェチェン・ハン部の部長の称号。ダヤン・ハン (達延汗) の末子ゲレサンジャは外ハルハに分封されたが,その第5男をアミン・ドゥラルという。その孫のシュロイが初めてチェチェン・ハンを称した。この称号は後裔たちに受継がれ,清末まで続いた。チェチェン・ハン部は清朝に入って 11旗に編成されたが,勢力の増大とともに 23旗にふえた。その本拠地はケルレン河畔にあり,東は黒竜江,南はシリンゴル (錫林郭勒) 盟,西はトゥシエト・ハン (土謝図汗) 部,北はロシア領と接する領域を占めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone