コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダヤン Dayan, Moshe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダヤン
Dayan, Moshe

[生]1915.5.20. デガニア
[没]1981.10.16. テルアビブ
イスラエルの軍人,政治家。 1936~39年のアラブ人による反ユダヤ活動の高まりの時期に,ユダヤ人の自衛を目的としてイギリス軍人 O.ウィンゲートにより組織された軍事組織に参加。第2次世界大戦中はドイツとイタリアによるパレスチナ侵攻にそなえて組織されたユダヤ軍団パルマーに加わり,レバノン戦線でフランス軍と交戦中,片目を失った。 48年のパレスチナ戦争ではエルサレム戦線司令官。 53~58年イスラエル軍参謀長。 58年軍籍を離れてエルサレムとテルアビブの大学に学び,59年マパイ党から国会議員に当選,D.ベングリオン首相のもとで農相となった。 64年 L.エシュコル首相と対立し,ベングリオンらとともにラフィ党を結成。 67年5月アラブとの緊迫した雰囲気のなかで,国民の要望に支えられて国防相に就任,六日戦争で圧倒的勝利をもたらし国民的英雄となった。 73年 10月の戦争では,アラブ側からの先制攻撃を許し,イスラエルがかつてない苦戦を強いられた責任を問われ,74年3月 G.メイヤー内閣の崩壊とともに辞職。落ちた偶像とはいえ,その後も右派勢力からは強い支持を受け,77年イスラエルの総選挙の結果,右翼政党のリクード党が政権を握ると外相として復活,79年辞任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダヤン

イスラエルの軍人,政治家。ロシアからの移住ユダヤ人を両親に,イスラエルで生まれる。第2次世界大戦以前からユダヤ軍事組織に参加,連合国軍をシリア戦線に先導して戦い,負傷して片目を失う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダヤン【Moshe Dayan】

1915‐81
イスラエルの軍人,政治家。ロシアから移住したユダヤ人を両親としてイスラエルに生まれた。少年時代からユダヤ軍事組織に参加し,第2次世界大戦では連合軍を先導してシリア戦線で戦い,片目を失った。1948‐49年の第1次中東戦争ではエルサレム防衛司令官,53‐58年イスラエル軍参謀長を務め,56年の第2次中東戦争ではシナイ半島作戦を指揮した。59年労働党から国会議員となり,59‐64年農相。67年の第3次中東戦争の直前に国防相となり,電撃的作戦を成功させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダヤン
だやん
Moshe Dayan
(1915―1981)

イスラエルの軍人、政治家。パレスチナのデガニアに生まれ、早くからユダヤ人自衛組織ハガナに参加。パレスチナ戦争では司令官として活躍し、その後のロードス島休戦交渉ではイスラエル代表団長を務める。1953~1958年参謀総長、この間1956年の第二次中東戦争でイスラエル軍を指揮。1958年に退役。1959年にマパイ党から国会議員となり、同年ベン・グリオン内閣に農相として入閣。1966年ベン・グリオンのラフィ党に参加。1967年の第三次中東戦争では国防相として電撃作戦を展開した。しかし、第四次中東戦争の責任をめぐる世論の批判の前に1974年国防相を辞任。その後、1977年ベギン首相のリクード内閣の外相に就任するが、和平交渉をめぐってベギンと対立し1979年10月辞任。自伝『私の生涯』がある。[伊能武次]
『M・ダヤン著、笈川博一訳『中東和平交渉』(1983・時事通信社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダヤンの関連キーワードトゥメン・ジャサクトゥ・ハン(図們札薩克図汗)トゥシエト・ハン(土謝図汗)チェチェン・ハン(車臣汗)オルドス(鄂爾多斯)部オープン・ブリッジ政策ダヤン・ハン(達延汗)チャハル(察哈爾)部ハラチン(喀喇沁)部トゥメット(土黙特)セチェン・ホンタイジハルハ(哈爾哈)部イスラエル労働党アルタン(俺答)阿勒坦汗・俺答汗明の時代(年表)バリン(巴林)部スニト(蘇尼特)レピ エシュコルボロル・エリヘモンゴル(国)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダヤンの関連情報