コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダヤン・ハン(達延汗) ダヤン・ハンDayan Khan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダヤン・ハン(達延汗)
ダヤン・ハン
Dayan Khan

[生]1464
[没]1524?
モンゴル,北元のハン (在位 1487頃~1524?) 。ダヤンとは漢語の「大元」の音訳で,大元ハンになろうと目指したもの。マンドゴリ・ハン (満都魯汗) の寡婦マンドガイ・セチェン・ハトン (満都海徹辰福晋) と結婚し,以後モンゴル各地に征討を行い,内モンゴルの大部分を統一,チンギス・ハン系のハンの権威を回復したといわれる。その子供たちを各地に分封し,明末にはモンゴルの諸集団の大半がその後裔の支配するところとなった。ただし,この詳細な事跡については史料上に多くの混乱があり,謎に包まれた部分が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダヤン・ハン(達延汗)の関連キーワードトゥメン・ジャサクトゥ・ハン(図們札薩克図汗)トゥシエト・ハン(土謝図汗)チェチェン・ハン(車臣汗)オルドス(鄂爾多斯)部セチェン・ホンタイジチャハル(察哈爾)部ハラチン(喀喇沁)部トゥメット(土黙特)ハルハ(哈爾哈)部アルタン(俺答)スニト(蘇尼特)バリン(巴林)部ボロル・エリヘイブライ北虜南倭タタール

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android