コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェナブ川 チェナブがわChenāb River

2件 の用語解説(チェナブ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェナブ川
チェナブがわ
Chenāb River

パキスタン北東部を流れる川。サトレジ川 (インダス川支流) の支流。全長約 964km。ヒマラヤ山脈カシミール南東部に源を発し,パキスタンに入り,ムルタン南南西 110kmでサトレジ川に注ぐ。パンジャブ地方五大河川の一つで,灌漑水系の主要部を形成している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェナブ川
ちぇなぶがわ
Chenab

インド北西部のカシミールからパキスタンを南流するインダス川五大支流の一つ。パンジャーブ・ヒマラヤ山脈のバラ・ラチャ峠に源を発し、北西に流れ、キストワール付近からは南に西に繰り返し流路を変えながらピル・パンジャル山脈を横断し、ジャム北西のアクヌールからパンジャーブ平原へ下り、ジェラム、ラービ両河川をあわせたのち、サトレジ川に合流する。インド領内で延長1200キロメートル流域面積2万7000平方キロメートル。マララ、カンキ、トリムなどから、灌漑(かんがい)用運河がパキスタン側へ通じる。[林 正久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone