チェラノ(英語表記)Cerano

世界大百科事典 第2版の解説

チェラノ【Cerano】

1575ころ‐1632
イタリアの画家。本名クレスピGiovanni Battista Crespi。ノバラまたはその近郊チェラノに生まれる。1586‐95年ローマ滞在。90年代後半から枢機卿フェデリコ・ボロメオの後援のもとにミラノで活動。1602‐10年にミラノ大聖堂のため枢機卿の叔父で対抗宗教改革の推進者カルロ・ボロメオの生涯の連作を制作。21年には枢機卿創設のアカデミア・アンブロジアーナの初代院長となるなど,17世紀初頭のミラノの芸術活動の中心に位置し,彫刻のデザインや建築にも携わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android