コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェラノ Cerano

1件 の用語解説(チェラノの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チェラノ【Cerano】

1575ころ‐1632
イタリアの画家。本名クレスピGiovanni Battista Crespi。ノバラまたはその近郊チェラノ生まれる。1586‐95年ローマ滞在。90年代後半から枢機卿フェデリコ・ボロメオの後援のもとにミラノで活動。1602‐10年にミラノ大聖堂のため枢機卿の叔父で対抗宗教改革の推進者カルロ・ボロメオの生涯の連作を制作。21年には枢機卿創設のアカデミア・アンブロジアーナの初代院長となるなど,17世紀初頭のミラノの芸術活動の中心に位置し,彫刻のデザインや建築にも携わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チェラノの関連キーワードカナレットスカルラッティボッチョーニリッピイタリアンギルランダイヨドゥッチョANSAイタリアのハロルドマジェンタの戦いの後のイタリア陣営

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone