コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルカスイ チェルカスイCherkassy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルカスイ
Cherkassy

ウクライナ中部,チェルカスイ州の州都。首都キエフの南東約 160km,ドネプル川中流部につくられたクレメンチュグ人造湖の南西岸に位置する河港都市。 15世紀ポーランドの集落として建設され,1772年ロシア領となった。 19世紀後半,モスクワオデッサ間の鉄道が開通,チェルカスイは,同鉄道のドネプル川渡河点にあたったことにより,発展しはじめた。当初は食品,機械,織物,木材加工などの工業が中心であったが,1960年代に化繊,肥料を生産する化学工場が建設され,急速に発展した。教育大学交響楽団がある。人口 30万 2000 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone